田中さん4.jpg

introduction

国内外で注目を集めた『轟音』片山享監督の本年5作目の劇場公開最新作。

主演 青野竜平 & 長編初ヒロイン 田中真琴らが贈るハイエンド製作第二弾!

俳優事務所であるハイエンドが製作する映画第二弾。2022年10月1日より公開された第一弾『わかりません』に引き続き、片山享が監督を務めた。第53回 スペイン シッチェス映画祭や北米最大の日本映画祭「JAPAN CUTS 2020」ネクジェネレーション・コンペティション部門にノミネート、その他多数の国内外の映画祭で高い評価を受けた『轟音』で脚光を浴びた片山は、今作が本年5本目の長編劇場公開作という驚異的なスピードで作品を生み出している。その創作力を支えている俳優出身の監督という出自を生かした演出にも注目が集まる。本作では、凡庸に生きてきた画家が他人の絵・評価・価値観に翻弄されていく様を通じ「自分らしさとは何か」「価値とは何か」という芸術家に限らず普遍的なテーマを巡る物語を抒情的に、かつ鮮烈な描写で見事に紡いでいる。その問いに飲み込まれていく画家・榎本道雄役にはENBUゼミナール シネマプロジェクト発の映画『河童の女』(20)で映画初出演にして主演に抜擢された青野竜平。ヒロインとなる富田サチはネクストブレイクの呼び声高く、映画・ドラマ・舞台と話題作への出演が相次ぐ田中真琴が務めた。そのほか、モデルとしての活動に加えて映画「PARALLEL」(22)など俳優業でも注目のTao、片山組に欠かせぬキャラクターを担う大宮将司のほか、谷仲恵輔、山本晃大、入江崇志ら実力派の俳優陣が揃った。

©HighEndz